本文へスキップ

AGA治療も行う、石井外科です。

電話でのお問い合わせはTEL.03-3351-9338

〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-2

AGA

AGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)

 成人男性によく見られる髪が薄くなる状態です。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または
双方から薄くなっていきます。

・AGAは進行します
 AGAは進行性であり、何もせずにほっておくと徐々に髪の毛の数が
減っていきます。
 AGAの人は全国で1260万人(20〜69歳の男性4200万人の約3人に1人)

・AGAには頭頂部方、生え際方、その両方の進行があります。
 治療にては頭頂部方のほうが反応がよいことが多いです。

治療法
@内科的治療法(薬物治療)
 プロペシアやザガーロなどの医療機関で処方される薬
 一般薬局などで購入可能な一般医薬品
A外科的治療
 医療機関での自毛植毛術
B整容的対処
 かつら等

・ヘアサイクル
 髪の毛には寿命があります。伸びては抜け、また新しく生えるこれをヘアサイクルと呼んでいます。
成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあります。
このうち成長期が一番長く通常は2〜6年続きます。しかしAGAの人は成長期が短くなるため薄毛が進行していきます。

・当院では内服加療を行っています
 プロペシア 28錠:8000円
 ザガーロ  30錠:11000円

グラッシュビスタ

 まつ毛貧毛症の治療に使われるのが、このグラッシュビスタ。
海外では化学療法などで脱毛してしまった方などに使われており、国内でも2014年から承認がおりて使用が開始となりました。
 残念ながら日本国内では化学療法後のまつ毛貧毛症であっても保険の適応がないため、自費の治療になります。

当院での価格は2万円(専用ブラシ140本付き)
専用ブラシが一日2本使う計算で70日分と考えていただければよいと思います。

昨今、まつ毛美容液、まつ毛育毛剤などありますが日本では薬事法に基づき、まつ毛ケア用品は、医薬品、医薬部外品、化粧品に分類されます。
・まつ毛美容液は化粧品に分類されます。
化粧品はまつ毛の毛周期などへ影響を及ぼしてまつ毛を増やしたりするのではなく、まつ毛周りの環境を整え、健やかに保つことによりまつ毛のダメージを減らすといった効果を期待するものです。

・まつ毛育毛剤は医薬部外品に分類されます。
医薬部外品は厚生労働省が認可した有効成分が一定の濃度で配合されているものの、医薬品に比べ効果・効能が緩和であり、治療ではなく予防を目的として作られたものです。

・グラッシュビスタは医薬品に分類されます。
冒頭に書いたように、厚生労働省にしっかりと認可され、効果も臨床試験を行いしっかりと効果が証明されているものであり、医師の処方が必要な医薬品である。

Ishii surgical Clinic石井外科

〒162-0065
東京都新宿区住吉町8-2
TEL 03-3351-9338
FAX 03-5379-0836